【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


【ダビマス攻略】調教を過去のダビスタから考えてみる

ダビマス最新情報 ダビマス攻略記事

こんにちは。ダビマス管理人です。

今回は過去のダビスタから見る調教攻略記事を書いていいきます。

ダビマスはなんだかんだでダビスタの良いところを受けついでいるので

調教パターンなんかも受け継いでるところがあるのでは?

ということで過去のダビスタから見る調教鉄板パターンを書いていきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-14-07-48

 

まず、それぞれの追い切りの特徴を書いておきます。

 

【芝】

スピード効果が最も期待できる。

気性良化も期待できる。

 

【ダート】

スタミナ強化が最も期待できる。

気性良化も期待できる。

 

【ポリトラック】

スピード効果が期待できる。

芝よりは効果は低いが脚への負担が少ない。

 

【ウッドコース】

芝やダートに比べて効果は低いですが

スピード、スタミナ両方に効果が期待できる。

 

【プール】

体重を緩やかに減らす。

スタミナアップの可能性も?怪我の心配はない。

 

 

ざっと特徴を見ても、重要なのは芝とダートだと思いますよね?

実際スピード、スタミナ共に最も効果が期待できるのは芝とダートです。

つまり芝調教とダート調教をループすればスピードスタミナ共に

最も効率よく鍛えられるのでは?なんて思いますよね。

 

実際僕自身も最初はその方法でひたすらループしてました。

ただ、毎回レース後の調教師のコメントが

 

「スピードはたりてるのでスタミナを上げていきましょう」

 

 

いや、おかしいな、、、

同じように芝とダートをループで追い切りしてるんですけどね、、、

 

そこで重要なことに気づきました!!!

過去のダビスタを思い出してください!(昔からのダビスタファンの方w)

スピード能力はレースに出せば自然と上がってたじゃないですか!

レースに出せば無条件でスピード能力は上がっていくんです!

つまり今回のダビマスもこの部分を受け継いでる可能性が高いです。

 

つまり現段階で一番効率のいい追い切りパターンは

 

”ダート調教”をベースにすることです。

 

とにかくスピードとスタミナを両立してあげていくなら

追い切りで最もスタミナを鍛えられるダート調教を主体とすることです。

 

これは間違いないと思います。

ということで管理人も試しにやってみます。

ダビスタのパターンをうまく受け継いでくれてるといいですね。

 

11/6 追記しました

現時点でダビマスの調教方法でオススメのやり方は最新記事に書きました!

この記事⇒ 【ダビマス攻略】G1を勝つにはおまかせ調教&ちょい手動でOK


【Follow Me!】

【人気ブログランキング】

【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

【PR】人気記事




ページの先頭へ