【ダビマス】金の馬蹄石を無課金プレイで2220個手に入れる方法!


【ダビマス攻略】自家製産種牡馬で実績Aを出す方法

ダビマス最新情報 ダビマス攻略記事

こんにちは。ダビマス攻略ブログ管理人です。

今回は引退させた自家製産種牡馬のステータスである「実績」について

現時点での考えとAを出すための攻略方法について書いていきます。

ダビマスでは配合する際に安定と実績が非常に重要になるということは

過去の記事でも何度も書いてきました。実際その通りです。

しかし、自家製産の種牡馬って活躍馬を出したところで

実績Cとかの馬ばかりじゃないですか?これには少し疑問を持ちました。

なので現時点での考えを書いていこうと思います。

自家製産種牡馬で実績Aを出す攻略方法

手持ちの牡馬が重賞を勝利して引退すると種牡馬入りすることが決まっており、

その際に必ずA~Cの間で各能力にランクが付けられます。

もちろんランクはAが最良であることは間違いありませんが、

いかんせん実績のランク付けに関しては腑に落ちない場合が多々あるのです。

 

実際の経験上の話ですが・・・

G1を5勝して引退時の成績が16戦13勝だったのに実績Cだったり、

G1こそ3勝止まりでしたが引退時に18戦14勝で

連対率100%だった馬が実績Cだったりしたことがあります。

なのでこの実績のランク付けは何を根拠にしているのか不思議で仕方ありません。

 

ということでどう攻略していけばいいのか考えました。

その馬の現役時の成績なのか産駒の活躍度や期待度で決まるのか、

その父の実績が引き継がれるのかランダムな要素が混じっているのか気になりませんか?

 

過去のダビスタシリーズでは、

実績はその馬の現役時の成績に応じてランク付けがされており、

レースに負けたらリセットして勝つまで繰り返すか、

そのレースには出さないことができました。

故に30戦30勝や20戦20勝のまま引退させて実績をAにすることができましたが

今回のダビマスはレースをやり直すことができないので、

そう簡単に実績Aを出すことができません。

 

これは何かしら攻略ポイントとなる要素があるのではないかと思いつき、

G1の中でも格が高い3歳クラシックレースやジャパンカップ、

有馬記念を勝たせて引退させてみましたが、実績Aは簡単に出てくれないのです。

 

 

ただ、ひとつだけ攻略ポイントがハッキリしたのは、

父が☆5種牡馬で実績がAで尚且つ早熟馬だと実績Aになりやすいことが判明しました。

これは飽くまで個人的な見解に過ぎませんが、

 

・父の実績

・その馬の成績とピーク時

 

が深く関係してくるのではないかと思っております。

 

 

例えば☆5種牡馬で実績Aであるダイワメジャーを種付けして、

その産まれてきた牡仔馬の成長メモリが1か2だったとした場合、

私は2歳時に3戦させて3歳時に6戦か7戦させて10戦未満で引退させています。

つまりピーク時を過ぎて即引退か、ピーク時に当たる時期に引退させているのです。

そうすると何故なのか大半が実績Aになるのです。

 

 

なのでダイワメジャーは実績A作りにはオススメです!

賞金こそ稼げませんが、ダイワメジャーは有効な因子がソコソコ多くて

面白い配合を組みやすい系統なので、産駒にもロイヤルチャージャーと

ニアークティックの系統が引き継がれ有効因子が残って、

3代目や4代目を作る計画時には初期繁殖牝馬に種付けする下地作りに適しているのです。

 

 

実際、代重ねする場合は牝馬から繋いでいくやり方が賢明ですが、

牡馬が連続して産まれてきた場合は致し方なく種牡馬入りさせて繋ぐしかないので、

産駒にダイワメジャーの持つ能力を受け渡すためには実績をAにして

より良い自家製種牡馬を作る必要があるのです。

 

因みに私はダイワメジャーは、面白い配合アウトブリードで繋ぎ、

ダイワメジャーの名前が因子系統表から消えてから多用しています。

つまり初代と4代目や5代目に再び使うわけです。

そうすると配合理論が使いやすい上に、サイヤーエフェクト効果にも期待できますからね。

【ダビマス】サイアーエフェクト効果説明

自家製産種牡馬で実績Aを出す攻略方法まとめ

今回の攻略方法をまとめると・・・

 

・自家製産馬で実績Aを出すにはダイワメジャーがオススメ

・なるべく馬のピーク時期に引退させる

・父が実績Aの早熟型だと実績Aが出やすい

 

現時点ではこれです。

また、気づいたことがあれば随時更新していきますね!!!


【Follow Me!】

【人気ブログランキング】



 【ダビマス】金の馬蹄石を無課金プレイで2220個手に入れる方法!


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

【PR】人気記事




ページの先頭へ