【ダビマス】金の馬蹄石を無課金プレイで2220個手に入れる方法!


【ダビマス攻略】繁殖牝馬ヨロコビノウタの見事な配合で3冠馬を誕生させる方法

ダビマス最新情報

こんにちは。ダビマス攻略ブログ管理人です。

今回は繁殖牝馬ヨロコビノウタ(優)を使ってできる

3冠馬も目指せる見事な配合について書いていきたいと思います。

名牝セールも終わってしまい、来月まで名牝はお預け。

なので他の繁殖牝馬で作れる強い配合もバンバン上げていこうと思います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-12-20-45

 

ちなみにヨロコビノウタはリアル競馬のある馬と血統が同じです。

その馬は、ポイントフラッグです。

ポイントフラッグとは産駒の活躍馬をあげるならゴールドシップ。

ゴールドシップの母と全く同じ血統なんですよね。

ゴールドシップの父はステイゴールドですので

ステイゴールド×ヨロコビノウタで自家製ゴールドシップが出来上がります。

ゴールドシップは凄馬記念限定の種牡馬で手に入れるには相当難解。

なのでステータスは落ちますが、自分で作ってしまうのもありです。

その後にメゾンフォルティー(名牝)を配合すればもちろん完璧な配合です。

 

これは管理人も試した配合なのですが、

初期の自家製ゴールドシップの時点でスピードC・スタミナDの馬を使いましたが

結局一番高いステータスだったのがスピードB・スタミナCまででした。

なのでやはり初期配合の時点でスピードC・スタミナCは必要かと思います。

その牝馬からの配合ならスピードB・スタミナBはもちろん、

Aも運が良ければ目指せる配合だと思いますよ!

 

 

ただ、今回紹介するのはこの配合より上を狙える配合です。

最終的には見事な配合なのですが3冠も狙える配合です。では見ていきます。

繁殖牝馬ヨロコビノウタの見事な配合で3冠馬を作る

今回はステイゴールドは使いません。

まぁ正直ステイゴールドは安定Cの種牡馬なので

爆発力は凄まじいですが、安定感は全くありません。

なので☆5種牡馬の種付け権なのに無駄になる可能性も秘めてます。笑

あまり使い勝手が良くないですし、使いかたに困りますよね。

今回使う☆5種牡馬は安定感抜群の馬なので安心して配合できます。

 

 

初期配合:ヨロコビノウタ(優)× ディープインパクト(☆5)

     ヨロコビノウタ(優)× ダイワメジャー(☆5)

 

 

初期配合のパターンは二つあるのですがどちらでもOK!

血統的には最終的に合致するのでどちらを使っても大丈夫です。

ただ、ディープインパクトの場合は配合理論はなしで

ノーザンダンサーのインブリードが5×5で発生するのに対して

ダイワメジャーは面白い配合が成立し、ノーザンダンサー4×5です。

ここで多少ステが分かれるかもしれませんが両馬実績安定共にA。

ミスは極めて少ないのでそこまで気にしなくていいかと思います。

まずはこのどちらかの牝馬を誕生させましょう。

 

 

2代配合:初期配合の牝馬 × リオンディーズ(☆4)

     初期配合の牝馬 × ラブリーデイ(☆4)

 

 

ここもどちらを使ってもOK!見事な配合が成立します。

インブリードはサンデーサイレンス4×3で発生します。

2頭とも実績B・安定Bの種牡馬ですので可もなく不可もなく。

普通に上手く能力を引き継いでくれるんじゃないでしょうか?

 

 

ライターさんはラブリーデイで試してスピードAが出たそうです。

その馬の成績が早熟だったのですが勝ったG1レースが

皐月賞・ダービー・秋華賞で牝馬でもダービーを勝ったくらいですから

まぁ余裕で3冠を狙える最強の配合になっていると思います。

 

 

どうですか?

ダビマスは完璧な配合が全てではありません。

見事な配合の馬でも完璧な配合のステータスを楽に越せることもあります。

この配合はディープ、ダイワを使うので楽ではないですが

実績A・安定Aの種牡馬なので牝馬さえ引いてしまえばステータスも高いはずなので

そのまま次の〆の配合に以降できると思います。

なのでステイゴールドを絡めた配合よりは数倍楽だと思いますよ!

ぜひ一度試してみてくださいね\(^o^)/


【Follow Me!】

【人気ブログランキング】



【ダビマス】金の馬蹄石を無課金プレイで2220個手に入れる方法!


スポンサードリンク

“【ダビマス攻略】繁殖牝馬ヨロコビノウタの見事な配合で3冠馬を誕生させる方法” への3件のフィードバック

  1. ヨロコビノウタに上記二種をつけて牝馬二種類を用意して各々に見事な配合にしましたがCCCBBレベルしか産まれません

  2. ヨロコビ×ダメジャー×ラブリーで33戦29勝G1-11勝馬できました。ステはBBBBB 逃げてゴルシを置き去りに出来る強さでした。
    ラブリーとリオンを交互に付けましたが、全産駒G1勝ちの安定感です。ただラブリーの方が長く活躍してくれる感じです。

  3. コメントください。
    ヨロコビノウタに、ダイワメジャーを付けて、牡馬が生まれました。その牡馬に、エメラルドマサキを付けて、生まれてきた牝馬に、リオンディーズをつけると、見事な配合になり、因子もかなりつきますが、生まれてくる馬が、1頭目CDDBB 2頭目CDDCBです。この配合あまり、強くないんですかね?

コメントをどうぞ

【PR】人気記事




ページの先頭へ