【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


【ダビマス攻略】最強馬を育成するための調教方法

ダビマス最新情報 ダビマス攻略記事

こんにちは。ダビマス攻略ブログ管理人です!

今回は最強馬を作るための育成方法(調教法など)として

ライターのたまねぎさんから情報を頂いたのでまとめていきます。

最近思うのはダビマスというゲームの奥の深さですよね。笑

以前までそれでいいと思っていた攻略法が少しずつずれていったり、

プレイすればするほど配合の奥深さに気付かされたり。

しかし、だからこそダビマスはやりがいがあるゲームなんですよね!

今ではライターのたまねぎさん含め、コメント欄などでも

いろんな方々に情報を頂いて切磋琢磨して攻略法を考えています。

これからもダビマス最強攻略法を確立するために頑張っていきます!

img1_47

 

ではここからはもうすぐプレイ年数100年目を迎えようとするたまねぎが、

やっていて感じ、導き出したことを書いていきたいと思います。

※既にプレイをしていることを前提条件に書きます。

なので調教の詳しい詳細などは大事な部分を除いて割愛します。

 

 

ちなみに以前までの鉄板調教法はこちらを参考にしてみてください。

今回のネタとは少し違うところがありますが

いろいろ試行錯誤しながら頭をフル回転させていますので

見比べたり、自分の理論を織り交ぜたりしながら活用ください!

【ダビマス】調教攻略法|完全版をお伝えします!

 

 

 

まず、当たり前の話ですが・・・

ダビマスは育成だけではどうにもなりません!

ステータス自体は生まれた時から最大値が決まっているので

結局それ以上の能力にすることはできません。

調教はあくまで、その馬の能力を100%引き出せるかどうか。ここが肝です。

では、その競走馬の能力を100%引き出すための育成攻略法を書いていきましょう。

 

デビュー前の育成(調教)攻略法

まず一つ大事なこと、それは馬によって成長曲線が決まっているということです!

それに応じて能力の限界値が設定されます。

なのでデビュー前はスピードとスタミナどちらかに寄った調教はおすすめしません。

もちろんですがスピードがなくては勝てません。

しかし、エネルギーであるスタミナがないとスピードは持続しないのです。

しかし最強馬を作るのはスピード・スタミナどちらも育てないといけなので、

どちらも育つウッドチップが有効だと思います。基本ウッドチップで育てて、

デビュー出来る6月の2か月前(4月)ぐらいから、スムーズに勝ち上がれるように

スピードを重点的に育てていくのがよいかと思います。

 

 

ウッドコース以外にも、芝とダートの繰り返しでも有効かと思います。

芝とダートは互いに最もスピード、スタミナアップの効果があるので

「芝・ウッド」「ダート・ウッド」「芝・ダート」

などの組み合わせをデビュー前は行った方がいいかと思います!

 

デビュー後の育成(調教)攻略法

まず、調教以外に能力をアップできる方法をお伝えします。

それは、これまでのダビスタシリーズ同様にレースに出すことです。

レースに出せばスピード・根性・気性が上がると思われます。

ここで一つ気づいて欲しいのがレースでスタミナは上がらないということです。

私は、これまでスピードこそがダビマスにおいて最重要だと思い重点的に育てていました。

前述した通り、スピードがないと勝てないからです。

しかしレースに出してもスピードだけが上がりスタミナは上がらないので

ある程度調教でスタミナをあげていかないとこうなってしまうのです、、、

 

マックス能力がこちら。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-14-48-18

 

そして、ピーク期がこちら。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-14-48-35

 

 

 

・・・

 

22965309

「スタミナが全く上がってないぞ・・・」

 

 

スピード・根性・気性ともにマックス値に達しているのですが

スタミナはマックス値の2段階も下の評価のE評価。

実は全くスタミナ調教をやっていなかったわけではないのですが

これではさすがに何かに原因があるのでは?と考えました。

 

 

その時に気がついたのは放牧後の休み明け1戦目です。

特に長期放牧後にスタミナも上げる調教をしないと全く走らなかった経験はありませんか?

おそらく放牧したり長期間レースに出していなかったりすると

スタミナは減っていくのでは?と私は考えたのです!

もちろん放牧に出すなというわけではありません。

放牧に出せばその後に併せ馬調教をガンガンやれるメリットもあるので

放牧に出すことが間違っているとは言えません。

ただ、放牧後はスタミナ調教を忘れずに行うこと!これですね!

 

 

つまりデビュー後のスピード・スタミナの育成攻略点をまとめると

 

スピードを上げる手立ては増えるが、

スタミナは下がる手立てが増えるのです!

 

全ての馬を解析にかけてはいませんのでプレイをしていての体感ですが、

スピードは余程のことがない限り全ての馬をMAX数値まで上げられていると思います。

それも馬のピークの早い段階で。

何故こうなるかと言えば、出走時に能力が上がるからだと思います。

 

ダビマス育成(調教)攻略法まとめ

ここで結論です。最強馬を育成するにはどうすべきか?

それは・・・

デビュー後はダートを中心とした調教方法!!

これなのではないかと思います!

目先の結果にとらわれず、

上がりづらいスタミナを重視することこそが、重要なのではないかと思います。

もちろん何回も馬体解析を行ってその都度の能力を確かめていけば

最終的には能力最大値の馬を作りだせることは間違いないです!

ただ、馬体解析は馬蹄石20個、賞金2億とバカ高いです。

こんなのに使いまくってはプレミアムガチャを回せなくなるとともに、

高級名牝を買えなくなってしまいますよね?

 

 

なので今回はこの調教攻略法をお勧めしておきます。

1. デビュー前はスピード・スタミナ両方を鍛えていく

(芝・ダートの繰り返し、ウッドコースなど)

2. デビュー2ヶ月前くらいからスピード中心に鍛えていく

(芝・坂路など)

3. デビュー後はスタミナ中心に鍛えていく

(ダート中心)

 

 

これでほとんどの馬をマックス値まで育成することができると思いますよ!

ぜひ試してみてくださいね(^ ^)


【Follow Me!】

【人気ブログランキング】

【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

【PR】人気記事




ページの先頭へ