【ダビマス】金の馬蹄石を無課金プレイで2220個手に入れる方法!


【ダビマス攻略】完璧な配合の中でも特に強い馬の作り方を紹介!

ダビマス最新情報 ダビマス攻略記事

こんにちは。ダビマス攻略ブログ管理人です。

今回は完璧な配合で誕生する馬の中でも

現時点で特に一番強いとされる配合を紹介しようと思います。

今までは初期配合での紹介が多かったのですが、

これからはもっと強い馬を紹介していくために代重ねで誕生する

強い馬の配合過程などを紹介していければと思っています。

レベルは高くなりますがBCで無双するためにも頑張っていきます!

profile021

 

まず、昨日も記事で宣伝させていただいたのですが、

共にダビマス界で頂点を目指すライターの方の募集をいたしました。

早速参加して頂いた方の情報がとても凄まじく、

これからもっと有益な情報をお届けできるかと思います\(^o^)/

なのでこれからもダビマス攻略ブログをよろしくお願いします!!

では早速本題に入っていきましょう。

 

今回紹介する配合は難易度は高くなりますが、

3代目でできる完璧な配合の馬となっています!!

3代目の完璧な配合でできる最強馬の作りかたを紹介!

まずセールで購入してほしい繁殖牝馬は

『プルークボーゲン(優)』です。

プルークボーゲンは代重ねしていけば完璧な配合につなげやすい優秀な繁殖牝馬です。

今回は、中でも最強配合だったなぁと思う配合を取り上げます。

 

 

1.プルークボーゲン(優)×ネオユニヴァース(☆4)

もちろんですが、この時点では牝馬を作ってください。

まだこの時点では配合理論も何もないので厳しいかもしれません。

理想はスピードC・スタミナC以上です。

 

 

2.その牝馬×ハーツクライ(☆5)

そしてその牝馬に今度は、

『ハーツクライ(☆5)』をつけます。

この時点で「面白い配合」が成り立ちます。

クロスはサンデーサイレンスのクロスが発生しますが

2×3なので体質がD評価な馬ばかりが生まれます。

しかしネオユニヴァースの時点でスピードC・スタミナCであれば

ハーツクライをつけた時点でスピードA・スタミナBまで出ます!(ごく稀に)

面白い配合でこのステータスが出ます。すごいですよね!

最悪この時点でスピードB・スタミナCくらいでも次に期待が持てます。

もちろん牝馬を誕生させないといけませんので

種付け権があってもあっても足りないと思いますが

そこはなんとか運と引きの強さで牝馬を誕生させるしかありません。

☆5種牡馬はここぞという時までとっておくといいかもしれませんね!

 

 

3.その牝馬×ストリートセンス(☆4)

そして最後の締めで、

『ストリートセンス(☆4)』を配合します。

この時点で完璧な配合が成り立ちます。

ハーツクライを配合した2代目の時点でスピードA・スタミナBならば

当然スピードA・スタミナAの馬誕生も夢ではありませんよ!!!

クロスはヘイローの4×5になるので体質もC以上になる可能性大です!

間違いなく最強馬と言えますし、超オススメの配合ですよ!

 

 

プルークボーゲン(優)はかなり優秀な繁殖牝馬です。

上記3頭の種牡馬権を持っている人ならまず試してみた方がいいと思います。

☆5種牡馬もハーツクライのみですし、牡馬が誕生してしまっても

なんとか交換してでも試すだけの価値が有る配合だと思っています。

 

他にもプルークボーゲンの代重ねで完璧なあ配合が誕生するパターンがいくつかあります。

こちらに関してはまた今後記事にアップしていく予定です!

 

 

こちらはライターさんに頂いた情報でして

これからも協力していただけるということなので

更に有益な情報を来年からはお届けしていけると思います。

やはり無課金で行う人にとって試しながらの配合だと時間がかかります。

なので当サイトをうまく利用していただいて、

ここぞという時に価値の高い種牡馬権を使うのが一番効率がいいかと思います!

頑張ってダビマスを攻略していきましょうね\(^o^)/


【Follow Me!】

【人気ブログランキング】



 【ダビマス】金の馬蹄石を無課金プレイで2220個手に入れる方法!


スポンサードリンク

“【ダビマス攻略】完璧な配合の中でも特に強い馬の作り方を紹介!” への1件のコメント

  1. プルークボーゲンとネオユニバースの生まれたての時はCCでしたが、4歳の時はDCになりました。
    コレにハーツクライをかけて、CCに。

    最初の掛け合わせの馬の4歳時点でCCでないと、ハーツクライの掛け合わせでBCは難しいでしょうか?

コメントをどうぞ

【PR】人気記事




ページの先頭へ