【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


【ダビマス攻略】リセマラのメリットとデメリット

ダビマス最新情報 ダビマス攻略記事 ダビマスリセマラ当たり馬

こんにちは。ダビマス攻略ブログ管理人です。

今回はリセマラのメリットとデメリットを書いていこうと思います。

リセマラはゲームをもう一度やり直してガチャを引き直す行為ですが

果たして効果的なのか?そうでないのか?

メリットとデメリットを自分なりの見解で書いていこうと思います。

ダビマス攻略|リセマラのメリットとデメリット

ダビマスはゲームを開始してから30年間は行動力が減らないので、

牧場の拡張や馬運車の購入などをして牧場の基礎を作り、

ある程度の資金を貯める活動に追われるのですが、

ここで上手くいかなかった場合はデータを消去して

リセマラをするのもひとつの手段だとは思います。

 

特にリセマラをするのにオススメなのは凄馬記念の最中で、

入手できる種牡馬が全て☆4以上になることは非常にお得な感じです。

(フレンドポイントガチャと牧場長が貰ってくる種付け権とBCで入手できる種付け権は別)

 

 

しかしリセマラには、デメリットのほうが多いような気がします。

その理由は、第一に積み上げてきた物が全て失われるということです。

 

・BC登録馬

・特別調教のレベル

・GIレースの勝利記録

・GIIおよびGIIIレースの優勝トロフィー

・種牡馬コレクションおよび種付け権

 

この他にも費やしてきた時間や課金をしてきた場合は、

それも全て台なしになってしまいます。

 

特にリセマラをしてデメリットを感じる部分は特別調教の件ですね。

レベルを1上げるのにGIを1勝するかBCで活躍しなければならないし、

期間限定の特別調教なんかはレベルを上げるのに苦労します。

 

 

それでも牧場経営が上手くいかず、

何度も借金をして赤字経営になって行き詰まり、

背に腹は変えられずにリセマラするしかないと迫られる場合がありますが、

借金地獄を乗り切れる方法もないわけではありません。

 

その方法は、BCでファンからプレゼントされた賞金だけを受け取らずに

プレゼントBOXの中に貯め込み、繁殖牝馬のセリが行われる直前に

プレゼントBOXから引き出すのです。

 

そもそも恭一君は毎回毎回たった1億円しか融資をしてくれないので、

繁殖牝馬のセリで可マークの繁殖牝馬すら買えません。

故にBCでファンから頂いた賞金をある程度貯め込んでおき、

狙っていた繁殖牝馬が売りに出されている場合に引き出してそこで使えば問題ないのです。

 

 

BCの銀爺からは毎回5000万円プレゼントされるので、

20回プレゼントされれば10億円貯まる計算となりまして、

良マークの繁殖牝馬は余裕で買えますね。

34回プレゼントされれば優マークや名牝マークの繁殖牝馬も買えますので、

そこまで我慢して貯め込んで強い馬を生産して黒字経営に持っていけば、

借金地獄からも逃れられるでしょう。

このプレゼント貯め込み作戦は時間が掛かりますが、

リセマラをして積み重ねてきた物を失うよりは賢明な方法だと思います。

 

 

因みに私はプレゼントされた賞金を、常時100億円は貯め込んでいます。

17億円近く出して繁殖牝馬を購入し、その繁殖牝馬が仔馬を5頭産んだとしたら

馬体解析を最低5回はしますから、合計で30億円は軽く飛んで行きます。

これまで、完璧な配合の産駒を作るために何百億円費やしてきたか…

この苦労や悔しさを無駄にしないためにも、私はリセマラをするわけにはいきません!

 

 

なので最後に効率の良いリセマラ方法をまとめていくと、

 

・凄馬記念中

・最初からリセマラ覚悟でゲームを始めてガチャの結果に納得いかなければ即リセマラ

 

この二つですね。

変に進めすぎるとリセマラするのが勿体無くなってしまうので

 

 

最初からリセマラ覚悟で凄馬記念中にゲームを始めると良いでしょう。

ちなみにリセマラの当たり種牡馬ランキングは下記の記事にまとめてあります。

【ダビマス】リセマラ当たり馬ランキング


【Follow Me!】

【人気ブログランキング】

【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

【PR】人気記事




ページの先頭へ