【ダビマス】金の馬蹄石を無課金プレイで2220個手に入れる方法!


【ダビマス】最強馬の作り方3|完璧な配合の牝馬を更に強化する方法

ダビマス完璧な配合 ダビマス最新情報

こんにちは。ダビマス攻略ブログ管理人です。

今回は最強馬を目指すために完璧な配合で作った牝馬の

ステータスを更に配合で強化していく方法を書いていきます。

完璧な配合で馬を作ってもそこで終わりになってしまう方も多いハズ。

BCに登録してあとは適当に配合するなんて方もいるハズ。

それはもったいないです!馬によっては更に強化することができるんです!

 

この完璧な配合の牝馬を強化するパターンは既に他の記事でも紹介しました。

【ダビマス】最強馬の作り方|完璧な配合の牝馬を更に強化する方法

【ダビマス】最強馬の作り方2|完璧な配合の牝馬を更に強化する方法

 

今回は違うパターンを紹介していこうと思います。

ダビマス|最強馬の作り方|完璧な配合の牝馬を更に強化する方法

ダビマスを始めて間もない頃、皆さんは資金が足りずに

欲しい繁殖牝馬も買えず仕方なく1600万円の繁殖牝馬などを買い漁って種付けをし、

実力もソコソコでGIIIやGIIをなんとか勝つような産駒を育てていたかとは思います。

そんな時、非常に救いの主となった組み合わせがありました。

 

それはトライプッシュ(可)とアジュディケーティング(☆3)の掛け合わせです。

 

この配合はダートと速力を持つボールドルーラーの4×5インブリードが発生し、

尚且つ完璧な配合になるというコスト的にも配合的にも優れた掛け合わせでした。

おそらくこの配合ですと、スピードCスタミナCの産駒は量産できたでしょう。

 

しかしこの後が続かずに尻すぼみになって血脈が途絶えてしまってはないですか?

牝馬に限って言えば、スピードCスタミナCの繁殖牝馬は2月1週のセールであれば

(良)の印が付くほどのステータスを持っています。

 

なので、この繁殖牝馬の血脈を無駄に繋いで断絶させるのは勿体ないのです。

そこで今回もこのトライプッシュ×アジュディケーティングで生産した牝馬を

さらに強化する配合をお教えしたいと思います。

 

 

<1>

エメラルドマサキ(優)× シビルウォー(☆4)で牡馬を作り、

この牡馬を種牡馬入りさせてトライプッシュ × アジュディケーティング牝馬に掛け合わせます。

 

エメラルドマサキにシビルウォーを掛け合わせますと、

ノーザンダンサーの4×4×5×5とレイズアネイティヴの5×5インブリードが発生します。

この場合、配合理論はありません。

しかしこの配合で作った種牡馬をトライプッシュ×アジュディケーティング牝馬に掛け合わせれば、

ダンチヒの3×5とノーザンダンサーの4×5×5とミスタープロスペクターの5×5インブリードが発生し、

さらに見事な配合となるのです。

 

 

 

<2>

プルークボーゲン(優)× シビルウォー(☆4)で牡馬を作り、

この牡馬を種牡馬入りさせてトライプッシュ×アジュディケーティング牝馬に掛け合わせます。

 

プルークボーゲンにシビルウォーを掛け合わせますと、

ノーザンダンサーの4×5インブリードが発生します。

配合理論はありません。

この配合で作った種牡馬をトライプッシュ×アジュディケーティング牝馬に掛け合わせれば、

ミスタープロスペクターの5×5とノーザンダンサーの4×5インブリードが発生し、

さらに配合理論は見事な配合となります。

 

 

 

<3>

キャバルリーシング(良)× シビルウォー(☆4)で牡馬を作り、

この牡馬を種牡馬入りさせてトライプッシュ×アジュディケーティング牝馬に掛け合わせます。

 

キャバルリーシングにシビルウォーを掛け合わせますと、

リヴァーマンの4×3とノーザンダンサーの4×5と

ミスタープロスペクターの4×5インブリードが発生します。

配合理論はありません。

この配合で作った種牡馬をトライプッシュ×アジュディケーティング牝馬に掛け合わせれば、

ミスタープロスペクターの5×5とノーザンダンサーの4×5インブリードが発生し、

さらに配合理論は見事な配合となります。

 

 

 

個人的には<1>がオススメですが、初期配合でクロス数が多いために

体質が低下しがちになるのでそこら辺に気を使いながら育成して種牡馬を作りましょう。

シビルウォー(☆4)は適正距離が2000~2400ですので、中距離向きの産駒ができるでしょう。


【Follow Me!】

【人気ブログランキング】



 【ダビマス】金の馬蹄石を無課金プレイで2220個手に入れる方法!


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

【PR】人気記事




ページの先頭へ