【ダビマス】金の馬蹄石を無課金プレイで2220個手に入れる方法!


【ダビマス】完璧な配合|名牝セルフメンションとタピットを使う(上級編)

ダビマス完璧な配合 ダビマス配合記事 ダビマス最新情報

こんにちは。ダビマス攻略ブログ管理人です。

今回は名牝セルフメンションを使った完璧な配合を紹介します。

名牝セールが来るのはあと2週間くらい先になりますが

やはり繁殖牝馬の能力が高い方が強い馬を期待できます。

次の名牝セールで狙うと言う意味でも今から知っておきましょう!

 

ちなみに今回紹介する配合は難易度が高いです。

なかなか無課金者向けの配合とは言いづらく、

チャレンジ精神のある方のみ試してみてください!笑

3代目で完璧な配合を狙うのですが、☆5種牡馬を2頭使います。

☆3以下も使わないので能力・ステータスは間違いないと思いますが、

やはりリスクが高いので種付け権に余裕のある方のみやってみてくださいね!

 

 

ちなみに無課金者向けの完璧な配合は既に違う記事で紹介しています。

☆4種牡馬のみしか使わない完璧な配合ですので

交換もしやすく、さらにそこそこ上を狙える配合になっています。

【ダビマス】無課金ユーザーにオススメの完璧な配合を紹介

 

では今回のセルフメンション(名牝)を使った完璧な配合を見ていきましょう。

完璧な配合|名牝セルフメンションとタピットを使う(上級編)

【1】難易度 ★★★★☆

初期配合:セルフメンション(名牝)× タピット(☆5)

2代配合:初期配合の牝馬 × ステイゴールド(☆5)

3代配合:2代配合の牝馬 × ストリートセンス(☆4)

 

まずはセルフメンションとタピットを配合して牝馬を産みます。

ちなみにタピットはBCで手に入る種牡馬なのですが

くれるのはアラブの石油王かごく稀に銀爺がくれるくらいで

アラブですらあまりくれないのでゲットするのは相当大変です。笑

持っていない人はまずBCをやり込みましょう。

ただ、タピットは実績A・安定Aの優秀な種牡馬ですので

初期配合で名牝を使うわけですから能力をうまく引き継いでくれると思います。

初期配合の時点で配合理論なしでノーザンダンサーの5×5のインブリードが発生します。

そして次に安定Cのステイゴールドを配合します。笑

正直ステイゴールドは爆発狙いの種牡馬なので、

初期配合の時点でそこそこのステータスの馬が出るはずですから

だったら安定Aの種牡馬で堅実につなぎたいところですよね?笑

ただ、この時点ではアウトブリードなのでうまくハマれば既に強い馬が出るはず。

そして〆のストリートセンスで完璧な配合、ヘイロー4×5のインブリードです。

ラストが当然一番底上げされるのでリスクは高いですが強いと思います。

超高級配合で、無課金者にはやはりオススメできませんが、、、

 

 

【2】難易度 ★★★★★

初期配合:セルフメンション(名牝)× タピット(☆5)

2代配合:初期配合の牝馬 × ニホンピロウィナー(☆5)

3代配合:2代配合の牝馬 × ストリートセンス(☆5)

 

これは難易度マックスですが相当強い馬が出ますよ。笑

まず初期配合でセルフメンションとタピットを配合します。

ここまでは上記の配合と同じなので説明は省略します。

そして次にニホンピロウィナーを配合するのですが、

この時点で配合理論なしクロスなしのアウトブリードです。

しかしご存知の通りニホンピロウィナーは「非凡な才能」持ちです。

この配合は非凡な才能持ちの完璧な配合の最強馬を作れるということになります。

もしまだニホンピロウィナーの使い道がなくて持っている人は

ぜひここでギャンブルしてみてください!リスクは相当高いですが。

ニホンピロウィナーは一度使ってしまうと交換するのに

通常の5000ポイントの☆5種牡馬が20対必要となります。

なので問題はここで一発で牝馬を引けるかでしょう、、、

そして〆はストリートセンスで完璧な配合です。

そしてここもアウトブリードで完璧な配合なので

サイアーエフェクト効果に期待です。(5代血統より以前のインブリード)

 

 

どうでしょうか?

正直かなりリスクの高い配合となっているので余裕のある方向けにはなりますが

レベルの高い種牡馬と繁殖牝馬しか使っていないので強い馬が出るはず。

ちなみにセルフメンションはほとんどの☆5種牡馬と完璧な配合が成り立ちます。

上記の他にもディープインパクト、ハーツクライ、なども狙えます。

次回はもう少し難易度の低い完璧な配合を紹介したいと思います。


【Follow Me!】

【人気ブログランキング】



 【ダビマス】金の馬蹄石を無課金プレイで2220個手に入れる方法!


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

【PR】人気記事




ページの先頭へ