【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


【ダビマス】完璧な配合|名牝セルフメンションとフジキセキで最強馬を狙う

ダビマス完璧な配合 ダビマス配合記事 ダビマス繁殖牝馬記事 ダビマス最新情報

こんにちは。ダビマス攻略ブログ管理人です。

今回は名牝セルフメンションとフジキセキで作れる完璧な配合

まとめて紹介していこうと思います。

フジキセキは☆4種牡馬なので比較的行いやすい配合でもあります。

名牝セールは2月6日までありますから今のうちにセルフメンションをゲットして、

いろんな完璧な配合を試しちゃいましょう!!!

 

セルフメンションは何種類かの☆4種牡馬からでも

3代目で完璧な配合に持っていける繁殖牝馬の1頭になります。

【ダビマス】名牝セルフメンションの完璧な配合一覧表

 

 

フジキセキの系統構成はサンデーサイレンスの産駒としては珍しい系統構成で、

ロイヤルチャージャー系にセントサイモン系を掛け合わせることは滅多にありません。

そもそもセントサイモン系は世界的に見ても既に衰退している系統ですから、

当たり前と言えば当たり前なのですが、おそらく社台ファームの関係者も

フジキセキが産まれた時は驚かれたのではないかと思います。

 

故障してしまい惜しまれつつ引退したフジキセキでしたが、

サンデーサイレンス初年度産駒の中ではジェニュインや

タヤスツヨシとは比べ物にならないほど強く、

また種牡馬としても、カネヒキリや

キンシャサノキセキを輩出して存在感を発揮していました。

 

フジキセキは2013年に亡くなってしまいましたが、

ダビマスでは面白い配合になりやすいサンデーサイレンスの直仔種牡馬として重宝します。

セルフメンションとフジキセキを掛け合わせて、大物を狙ってみましょう。

完璧な配合|名牝セルフメンションとフジキセキで最強馬を狙う

<1>

初期配合:セルフメンション(名牝)× フジキセキ(☆4)

2代配合:初期配合の牝馬 × ステイゴールド(☆5)

3代配合:2代配合の牝馬 × ストリートセンス(☆4)

 

まずフジキセキを種付けした時点で、アウトブリードの面白い配合になります。

次に初期配合の牝馬にステイゴールドを種付けすると、

配合理論はありませんがサンデーサイレンスの2×3インブリードが発生します。

そして〆に2代目配合の牝馬にストリートセンスを種付けすると、

ヘイローの4×5×5インブリードで完璧な配合となります。

 

 

 

<2>

初期配合:セルフメンション(名牝)× フジキセキ(☆4)

2代配合:初期配合の牝馬 × ニホンピロウイナー(☆5)

3代配合:2代配合の牝馬 × ストリートセンス(☆4)

 

フジキセキを種付けしてアウトブリードの面白い配合。

次に初期配合の牝馬にニホンピロウイナーを種付けしてアウトブリード配合理論なし。

〆に2代目配合の牝馬にストリートセンスを種付けして

ヘイローの5×5インブリードで完璧な配合です。

 

 

 

<3>

初期配合:セルフメンション(名牝)× フジキセキ(☆4)

2代配合:初期配合の牝馬 × スマートファルコン(☆4)

3代配合:2代配合の牝馬 × ストリートセンス(☆4)

 

フジキセキを種付けしてアウトブリードの面白い配合。

次に初期配合の牝馬にスマートファルコンを種付けして、

サンデーサイレンスの3×3インブリードで配合理論なし。

〆に2代目配合の牝馬にストリートセンスを種付けして、

ヘイローの5×5×5インブリードで完璧な配合です。

 

 

 

<4>

初期配合:セルフメンション(名牝)× フジキセキ(☆4)

2代配合:初期配合の牝馬 × ヒシミラクル(☆3)

3代配合:2代配合の牝馬 × ストリートセンス(☆4)

 

フジキセキを種付けしてアウトブリードの面白い配合。

次に初期配合の牝馬にヒシミラクルを種付けしてアウトブリードの配合理論なし。

〆に2代目配合の牝馬にストリートセンスを種付けして、

ヘイローの5×5インブリードで完璧な配合です。

 

 

 

<5>

初期配合:セルフメンション(名牝)× フジキセキ(☆4)

2代配合:初期配合の牝馬 × ワールドエース(☆3)

3代配合:2代配合の牝馬 × ストリートセンス(☆4)

 

フジキセキを種付けしてアウトブリードの面白い配合。

次に初期配合の牝馬にワールドエースを種付けして、

サンデーサイレンスの3×3とリファールの5×5インブリードで完璧な配合です。

 

 

 

全体的な注意点としては、フジキセキ産駒は短中距離馬ばかり産まれるので、

スタミナをC以上に保つことが肝要となります。

 

オススメは<3>と<5>の配合パターンが

リスク回避的にもインブリード的にも良いと思います。

 

セルフメンションは☆の数を問わずに様々な種牡馬から

完璧な配合に導きやすいのですが、

個人的には初期配合の相手にフジキセキか

モーリスが最も適しているのではないかと考えています。

【ダビマス】大物狙える!名牝セルフメンションとモーリスの完璧な配合

 

 

因みにセルフメンションのモデル牝馬は

ルルーシュの母であるダンサーズデトワールですが、

何故にこの牝馬が名牝なのか不思議で仕方ありません。

ダビマス的に完璧な配合になりやすいから名牝に選ばれたとしか思えませんね(笑)


【Follow Me!】

【人気ブログランキング】

【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

【PR】人気記事




ページの先頭へ