【ダビマス】金の馬蹄石を無課金プレイで2220個手に入れる方法!


【ダビマス】初期配合の繁殖牝馬の能力を次世代に受け継ぐ方法

ダビマス最新情報 ダビマス攻略記事

こんにちは。ダビマス攻略ブログ管理人です。

今回は初期配合の繁殖牝馬から2代目、3代目に向けての配合のコツを書いていきます。

初期配合でいきなり強い馬を産んでもしの次の世代で一気に

能力(ステータス)が低下したなんて経験ありませんか?

ていうかそんな経験ばっかじゃないですか?笑

今回は代重ねしても能力を向上していけるコツを記事にまとめていこうと思います。

20070210001850

 

まず、皆さん一番最初に気にするのって初期配合ですよね?

初期配合である程度ステータスの方い馬を誕生させてしまえば(牝馬の方が良い)、

その馬を軸にいろんな配合を試していけますし、

繁殖牝馬のステータスが高い方が当然産まれる馬の能力は高いです。

なので初期配合から強い馬を作るのも大切だと思います。

 

しかし初期配合で誕生した繁殖牝馬にレア度の高い種牡馬をつけても

能力が低下することがほとんどじゃないですか?

これではせっかく牝馬を誕生させても代重ねする意味がないですよね?

そこで今回は色々代重ねするコツとして気づいたことがあるので書いていきます。

初期配合の繁殖牝馬の能力を下げないコツとは

<実績Aの種牡馬を選ぶ>

これは結構重要だと感じました。

結局繁殖牝馬の能力が高くても種牡馬の能力が低いとやはりダメになることが多いです。

クロスが良質で配合理論も成り立っているような馬なら別ですが

これを狙うなら初期配合の時点で狙っているはずですよね?

実績がAということはめちゃめちゃ活躍した、つまり能力が高いということ。

なので能力の高い馬どうしの配合になり、ダメになることは少ないです。

 

リアル競馬でもそうですよね?

たまに高額の良血馬でも失敗になることはありますが

G1馬どうしの超良血配合で活躍する馬は多いです。

例をあげるなら最近引退したドゥラメンテでしょうか?

%e7%ac%ac82%e5%9b%9e%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%84%aa%e9%a7%bf%e3%81%ae%e5%84%aa%e5%8b%9d%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%92%e7%9d%80%e8%a3%85%e3%81%97%e3%81%9f%e5%8b%9d%e5%88%a9%e9%a6%ac%e3%83%89%e3%82%a5%e3%83%a9

 

この馬は母型にアドマイヤグルーヴ、エアグルーヴ、ダイナカールと

G1馬を連続で配合して誕生している超良血な訳です。

こういう配合を常に意識すればいずれ爆発した馬が産まれるかもしれません。

 

 

<安定Aの種牡馬を選ぶ>

これはかなり重要です。

安定Cの種牡馬と配合すると大体ダメになります。笑

もちろんハマればとんでもない馬も産まれるかもしれませんが確立は低い。

しかもただでさえ種付け権は大切で課金しないと底が見えてくるほどなのに

無駄に安定Cの馬を代重ねでつけていては勿体無いです。

個人的な意見といては安定Cの馬は初期配合の段階で良質な配合で使って、

その次に、安定A、実績Aの種牡馬につなげていくのがいいと思います。

 

 

<配合理論が成り立っている>

これも地味に重要ですよね。

ただ、別に完璧な配合や見事な配合を狙えと言っている意味ではありません。

初期配合だとやはり完璧な配合や見事な配合の方がいいですが

代重ねだとバカにできないのが「よくできた配合」です。

理想はよくできた配合以上の実績A、安定Aを、目指しましょう。

結構厳しい壁ではありますが。笑

 

 

<アウトブリードで一発狙う>

これは究極ですがありっちゃありです。

むしろ変なレベルの低い中途半端なクロスの種牡馬と配合するくらいなら

クロスなしのアウトブリード狙いで元の馬の能力を引き継ぐのはありです。

もちろんその次で上記の条件を目指していくといいと思います。

初期配合の繁殖牝馬の能力を下げないコツ|まとめ

まずは上記の3つを意識して配合していくといいと思います。

やはりせっかく能力の方い馬を誕生させているのですから無駄にはできません。

だって、高い繁殖牝馬を繁殖牝馬セールで購入して、

レア度の高い種牡馬を使って誕生させているんですもん。笑

初期配合で夢を見るのが終わってしまってはゲンナリです。

常に高みを目指して配合していきましょうね(^ ^)


【Follow Me!】

【人気ブログランキング】



【ダビマス】金の馬蹄石を無課金プレイで2220個手に入れる方法!


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

【PR】人気記事




ページの先頭へ