【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


【ダビマス】クロフネは完璧な配合を作ることができない!?

ダビマス完璧な配合

こんにちは。ダビマス攻略ブログ管理人です。

今回は最近誕生した種牡馬クロフネのデメリットについて書いていきます。

なんとクロフネですが、配合に関して大きなデメリットを抱えています。

そうです、、、完璧な配合にすることが今の所不可能なんです。笑

それどころか見事な配合も難しいのです。

ということでその理由を記事にしていこうと思います。

ダビマス|クロフネは完璧な配合を作ることができない!?

公式BCが開催され、我が牧場の代表馬も2頭とも2回戦を突破し(2月9日19時の時点で)

安堵しているわけですが、皆さんの成績はどうでしょうか?

取り敢えず、公式BCに持ち馬を登録しただけでも

参加賞として種牡馬クロフネの種付け権が配布されるので、

配合でクロフネを使えることとなるわけです。

 

 

しかしクロフネの親系統を見ると

 

大系統が

ニアークティック

セントサイモン

フェアウェイ

ニアークティック

 

小系統が

マッチェム

ナスルーラ

ナスルーラ

ロイヤルチャージャー

 

 

このような系統ですので、〆にクロフネを使おうとすると

見事な配合は成立させられますが、完璧な配合は絶対に無理なのです。

 

しかも見事な配合を実現させるためには、

初期配合や2代目配合でカルストンライトオ(☆1)かサニングデール(☆2)か

ディクタット(☆3)のいずれかを使わなければならず、

ソコソコ強い牝馬を作るのも困難かと思われます。

 

これだけでかなり致命的な種牡馬だと思います。笑

 

公式BCで手にはいるクロフネを楽しみにしていた人は残念に思うかもしれませんが。

 

 

故にクロフネを使うのならば、

初期配合や2代目配合で使うしか道はないのではないかと考えています。

ただクロフネにもデメリットだけではありません。

いいところもあるのでそこをうまく活用していくといいでしょう。

 

 

幸いなことにクロフネは、有効因子を数多く持っています。

 

【スピード因子】

ヴァイスリージェント(底力因子も持つ)

ボールドルーラー(ダート因子も持つ)

ネヴァーベンド(ダート因子も持つ)

ニアークティック

 

【短距離因子】

アイスカペイド

 

【長距離因子】

ロベルト(早熟因子も持つ)

 

 

これらの有効因子を活用し、

できることなら面白い配合かよくできた配合で

次代に繋げる産駒を作って下地とするのが得策でしょうね。

 

 

個人的なオススメとしては

<1>

コールマイナンバー(優)と掛け合わせてネヴァーベンドの5×5インブリードで面白い配合

 

<2>

ヴァルハラクイーン(良)と掛け合わせてボールドルーラーの5×5で面白い配合

 

<3>

アマルテアソング(優)と掛け合わせてアウトブリードの面白い配合

 

<4>

ダンチェック(良)と掛け合わせてノーザンダンサーの4×5と

ニアークティックの5×5とネヴァーベンドの5×5インブリードでよくできた配合

 

 

こんなところでしょうか。

本来ならロベルトをクロスさせたいところですが、

そうすると配合理論が成立されないので仕方なし感は否めませんけど…

 

 

とにかくまとめると、リアル競馬ではそこそこの活躍馬を出すクロフネで、

芝・ダート共に産駒は走るのでかなり使い勝手がいいように思えますが

血統を見ると非常に使いづらく、完璧な配合へ導くことはできないかと思われます。

 

なのでなんとしても公式BCでは2回戦、3回戦を突破して

ブライアンズタイムを手に入れたいところではありますよね!

 

今日から公式BCも始まりダビマスも盛り上がってきました!

これからも当ブログでは新種牡馬の完璧な配合の作り方であったり

新名牝の完璧な配合の作り方を随時更新していきます。

 

もちろん公式BCでも勝ち負けできる配合が見つかり次第更新します。

なんとか今後のダビマスを楽しんでいけるように

全力で頑張っていこうと思います。


【Follow Me!】

【人気ブログランキング】

【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

【PR】人気記事




ページの先頭へ