【ダビマス】金の馬蹄石を無課金プレイで2220個手に入れる方法!


【ダビマス】よくできた配合で最強馬を作る方法

ダビマス配合記事 ダビマス最新情報

こんにちは。ダビマス攻略ブログ管理人です。

今回は「よくできた配合」で最強馬を出す方法を記事にまとめていきます。

やはりダビマスで強い馬を出すには見事な配合か

完璧な配合を狙った方がいいのは間違いないです。

ただ、正直完成させづらいというのがネックですよね。

そこで今回はよくできた配合でも強いステの馬を出す方法を

発見いたしましたので紹介したいと思います。

 

今回はライターのたまねぎさんに頂いた情報をまとめました。

今までダビマスをプレイしてきて、「よくできた配合」は

初心者でも簡単に成り立つことの出来る初心者向きの配合理論だと

決め付けている方も多いのではないでしょうか?

しかし!このよくできた配合を舐めていてはダビマスは語れません。笑

今回はよくできた配合でかなり強い馬を出すことに成功したのです。

ダビマス|よくできた配合で最強馬を出す方法

まずはアプリリリース当初最初に持て囃された馬を思い出して下さい。そうです。

「ナカヤマフェスタ」です。

この馬の最大の特徴といえばよくできた配合になりやすいこと。

つまりは、ここから強い馬が排出されていたということです。

 

 

その後のアップデートなどで強い種牡馬が出てきたり、

完璧配合が容易く出来るようになったりして化石となってしまいましたが、

よくできた配合の全てをリリース当初に発揮出来ていたといえるのでしょうか?

そこで、今ならリリース当初とは違うグレードアップしたよくできた配合が出来ると思い

この配合理論が最強になる得るとまで考えています。

 

まずはよくできた配合の成り立つ仕組みについて

下記の記事にまとめてあるので参考にしてみてください!

【ダビマス】よくできた配合が成り立つ仕組みを徹底解説します

では詳しくよくできた配合の効果を振り返っておきましょう。

 

 

【1】クロス(インブリード)の効果が強めに継承される

感覚ですが、完璧のように毎回大きく効果を感じることはありません。

しかししっかり感じることもありますので、効果の出るパーセンテージが

完璧な配合よりも低いのではないかと思います。

そのため、よくできた配合で最強馬を目指すには、

回数を重ねないといけないと感じております。

 

 

【2】配合の自由が効く

成り立つ理論をみて頂ければ分かりますが成り立たせるのだけなら容易です。

そのため、多数のパターンが組め、好きな所のクロスを残すことが出来ます。

 

 

以上の二つの特性から気づくことがあります。

まず【1】からはこの配合理論だけでは強い馬が決して出来ないと推測されます。

そのため母馬の能力、父馬の能力があることが条件でないかと思います。

あくまで基盤があってそこにワンパンチ加えるというイメージで良いかと。

 

そして【2】から今まで使えなかった種牡馬が使える可能性が出てくるということ。

因子であったりクロスは理想なんだけど完璧にするには不向きな馬はたくさんいます。

逆に、完璧にするために無理に使ってる馬もいると思います。

そのため、母馬の能力が出ず種牡馬の能力を最大限発揮出来てない可能性があります。

 

 

どうでしょうか?お気づきでしょうか。

よくできた配合と完璧な配合では本質が違うことに。

つまり…よくできた<完璧ではないのです!!

 

配合理論だけでの能力UPだけ見ればそうですが使い方が別物なのです。

よくできた配合で最強馬を作るための条件は強い母と強い父と前述致しました。

強い母を作るのは完璧配合を筆頭に色々あると思います。

 

では、強い父とはなにか??これは・・・

非凡な才能を持っている種牡馬達です。

 

つまりよくできた配合とは、

非凡な才能を最も生かしやすい配合理論なのではないかと現時点では考えています。

才能機能も過去のシリーズにはありません。

そのためその機能を最も引き出せるように作り出された配合理論こそが

強い馬と強い馬から成り立つ配合であるよくできた配合とは考えられませんでしょうか。

 

 

よくできた配合をうまく利用すればこんな馬も出すことができます。

 

 

なので今後もよくできた配合を主軸に最強馬を作成していこうと思います。

良い配合が見つかりましたら、またご報告しようと考えております。

皆さんも試してみて良かった配合などありましたら、是非教えて下さい!!


【Follow Me!】

【人気ブログランキング】



 【ダビマス】金の馬蹄石を無課金プレイで2220個手に入れる方法!


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

【PR】人気記事




ページの先頭へ