【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


【ダビマス】どこに入厩させるかはかなり大事!

ダビマス攻略記事

こんにちは!ダビマス攻略ブログ管理人です!

今回は【ダビマス】どこに入厩させるかはかなり大事!

これについて書いていきます!

良い馬が誕生しても育て方を間違えるともったいないので

どう入厩させるかはかなり大事な問題です!

じっくりしっかり考えてそれぞれの特徴を見極めましょう!

そして効率良くトレーニング(調教)を重ねて行く!

これで最強の馬を作れますよ!

今回はどう入厩させたらいいのか?

そんな疑問にお答えします!

それでは早速本題に入りましょう!

 

 

どこに入厩させるか?

入厩について、自分で鍛える場合はどこでもよいです!

ただ、レースの輸送で馬体重減少があるのでそこを考慮する必要があります!

一般的に美浦を牡馬、栗東を牝馬とすることが妥当かと思います。

特に2、3歳時のG1レースでは牡馬レースは関東で、

牝馬レースは関西で開催されるため、

輸送の影響を最小限して馬体重を節約しましょう。

 

どこに入厩させるかはかなり大事!

調教はスピード優先

調教は芝、坂路などのスピード系を優先にします。

序盤ではとにかくスピード&短距離レースの方が効率よく稼げますし、

序盤の馬は大抵スタミナの上限がD以下で低いと思いますので、

スピード系の調教を多く取り入れるといいと思います!

このゲームはちゃんと調教すればMAXまで能力を引き出すのは難しくないです!

但し、晩成の馬はスピード調教をしても能力が上がらないことがあります!

晩成馬の調教は非常に難しいので、

スピード調教の理論は早熟から普通型の馬を前提と考えてください!

デビュー前の調教例とコツ

入厩からデビューまでの2回ある調教は1回目を併せ、

2回目を単走強めのサイクルで回していけば無難だと思います!

体重がベストに近づいたら2回目の調教をやめる、

併せを単走強めに変えるなどして調整します!

概念として、強めが能力UP、併せが根性UP、一杯が気性UPと考えてください!

一杯が能力UPと認識するとなかなか強い馬を作れなかったり、怪我をしやすくなったりします!

とにかく強めの本数を増やすことが能力上昇のコツです。

1歳9月に入厩させた場合は、

2歳の2月までをスタミナ系(ダート+ウッド)、

2歳3月からスピード系(芝+坂路+ポリ)で調教すれば

6月のデビューくらいでちょうどよいバランスになると思います。

プールは個人的には不要かと!

デビュー後はレースの様子を見てダート中心にするか芝中心にするかを決めます!

レース時の左から2番目がスタミナなので、

ここが薄すぎる場合はスタミナがないということなので

レースの距離を減らすかダート調教を強化するか、いずれにせよ要注意です!

調子の維持、変化

ダビスタは好調不調の波を繰り返すゲーム性ですが、その調整が非常に難しいです。

基本的に知っておくべきこととして、1回目は併せでしか変調せず、

2回目は単走でも変調することを覚えておいた方がよいです!

不調から立ち直りたい時、体重に余裕があれば併せ+単走馬なり、

余裕がなければ単走馬なり+単走馬なりで調子を回していきます。

逆に好調を維持したい場合は、調教を1回だけにして単走の調教にします。

2回目はプールでも変調することがわかりましたので、使用する場合は注意してください!

怪我を避けるために

調教がハードすぎると怪我をしたりします!

その為、以下の点に注意してください。

  • 2回目の調教で併せをしない
  • レース後の週は休む
  • 疲労がたまっていると言われたらその週は休むかプールにする

この点を守れば、少なくとも体質C以上であれば殆ど怪我はしないでしょう!

放牧

放牧は調子をリセットしてくれる上に体重も増えるので

初心者にはとてもありがたいのですが、スタミナが減少します。

どうしても出たいレースに調子を合わせたい時以外は使わないようにしましょう!

ベスト体重

ベスト体重は調教師もコメントしますが、

正確には太めと言われなくなってからマイナス6~8kgですので、

惑わされないようにしましょう!

ちょっと太めと言われる体重からマイナス8~10kgと覚えてもいいと思います!

但し、厄介なことに時間とともにこの体重は増えていきます!

レースを重ねていく上で調整が必要になります!

なかなか難しいですがここ押さえて最強の馬を作り上げましょう!


【Follow Me!】

【人気ブログランキング】

【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

【PR】人気記事




ページの先頭へ