【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


【ダビマス】ちょうどよい馬体重と疲労の仕組みについて!

ダビマス攻略記事

こんにちは!ダビマス攻略ブログ管理人です!

今回は【ダビマス】ちょうどよい馬体重と疲労の仕組みについて!

これについて書いていきます!

馬もそれぞれで本当にベスト体重ってどれくらいなものなのか?

これってシンプルですがとても難しいお話しだと思うんです。

実際はその馬毎の適正体重ってあるんでしょうけど

ダビマスはちょっと違います!

今日はそんなお話しと、

競走馬の疲労が溜まっている時の対処法についてお話ししていきますね!

 

 

ダビマスの調教ってしっかり把握していないとダメなんですよ知ってましたか?

どんなにポテンシャルのある馬でも

良くない調教をしていると伸び悩みます。

逆にそこそこのポテンシャルでも

効率の良い調教で最大限に育て上げれば良い具合に賞金を稼いでくれます!

今日はそんな馬を作る為に必要不可欠なお話しをしていきますね!

 

 

ちょうどよい馬体重と疲労の仕組みについて!

ベスト体重=調子が良いとは限らない

まずベスト体重と馬の調子は必ずしも一致しません。

馬には上がり下がりする調子のリズムがあるのです。

体重と調子のバランスを見極めることが大切です。

 

ベスト体重の計り方

まずダビマスでは生まれたときにベスト体重は決まっています。

馬体解析センターで表示されますが、成長に伴って馬体重も変化していきます。

ベスト体重は変化する

ベスト体重は成長型によって変わります。

何歳までにどれくれい増えるかで、その後のベスト体重が変わってきます。

馬体重が増えるからと言ってハード調教はNG

調子が上がり気味なのに、

馬体重が多いからと言ってハードな調教は行わない方がベターです。

調子が落ちている時は「疲れ」も生じているので、追い込むのは危険です。

無理して体重を落とさない

レースが近くてもハードな調教はNGです。

無理して体重を落として出走させるより、

ベスト体重より重くても調子を維持して出走させた方が好成績を残すことができます。

ましてやレースで故障してしまうと本末転倒です。

まとめ

体重だけにとらわれると馬の調子を落としがちです。

体重よりは馬の調子、調教師のコメントに気をつけて調整しましょう。

続いては

疲労が溜まっている時の対処法についてお話ししましょう!

馬の調子がすべて

レースなどは馬の調子で勝敗が決まることがほとんです。

馬本来の力を発揮させるたえにも調子を上げることは大切な作業です。

疲労がたまる原因

競走馬の調子は上がり下がりする変動のリズムがあります。

激しい訓練で追い込むとリズムが狂い、馬に疲労がたまってしまいます。

レースの後も要注意です。

疲労がたまった場合

調教師のコメントで「疲れがたまっています」と出たら馬を休ませることが必須です。

疲れが取れれば、自然と調子が上がってきます。対処方法は3つあります。

fatigue

疲労の対処法

  • 休ませる
  • 併せ馬で調教
  • 放牧

ますは休ませることです。

次の「併せ馬で調教」は、調教にリズムを与えることで調子が上がることがあるからです。

4週間休んでも好転しない

「休む」と「併せ馬」の両方をやって4週間以上で好転しない場合は「放牧」をしましょう。

馬がリフレッシュして調子を取り戻します。体重は増えてしまいますが。

以上のことを試してみて下さい。

いかがでしたでしょうか?

意外とシンプルですが気を付けるだけでも全然変わってくるんですよ!

基本的には無理をさせないのがいいでしょう!

ハードなトレーニングを積めば良いというわけでもないのです!

しっかりと把握して馬と一緒に歩んで行きましょう!

無事是名馬、怪我をしないのは名馬の証!

コンスタントにレースに出て稼いで来る馬も必要なのです!

馬に怪我させないように慎重に育てていきましょう!

それではまた次の機会に!


【Follow Me!】

【人気ブログランキング】

【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

【PR】人気記事




ページの先頭へ