【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


【ダビマス】ここをこうこうこう!良い馬の作り方!!

ダビマス攻略記事

こんにちは!ダビマス攻略ブログ管理人です!

【ダビマス】ここをこうこうこう!良い馬の作り方!!

についてお話しします!

 

いよいよ、競馬も秋を迎えてまさにシーズンって感じですね!

これから重賞ばかりでわくわくしますよね!

見るのも予想するのも買うのも楽しいっていいですよね!

競馬って色んな角度で楽しめるから楽しいですね!

さてさて、本題に入りましょう!

 

 

 

理想を目指す基礎調教(育成)法!

せっかく生まれた仔馬だから、できるなら強い競走馬にしてあげたい!

そのためには馬の個性を理解し、効果的な調教をする必要があります!

 

ここをこうこうこう!良い馬の作り方!!

 

強い馬を作るには、デビュー前の調教は欠せないです!

デビュー前の調教には、2つの目的がある!

1つは、入厩辞典での馬は皆鍛えられておらず、馬体重だけが悪い!

デビューさせるためには、この余分な体重を落とし、

競走馬に必要な最低限度の能力をつけてやらなければならないのです!

 

 

もう1つは今後始まるレースに備え、馬体を鍛えることです!

鍛えなければ競走馬は素質だけで走ることになり、

決して好成績を残すことはできないでしょう!

 

 

競走能力を強化する

調教の目的の1つが、馬を鍛えて強くすること!

いくら親馬の血統が良くても、素質だけあってもレースに勝てないです!

調教によって、スピードやスタミナ、勝負根性など、競走馬に必要な能力に変えましょう!

 

 

馬体重を適性値まで下げる

当然、馬体重が重すぎたり軽すぎたりすれば、レースに勝つのは難しい・・・!

そのために馬体重を調整するのが、調教のもう1つの目的!

特に入厩したての馬の体重は重いので、調教でベストまで減らしましょう!

 

 

 

鍛え方によって、競走馬の将来の能力が変わる

競走馬の能力は、親馬の血統によってある程度決まっている部分もあれば

調教によって変えられる部分もあります!

例えば、父馬が中距離を得意としていた場合、

その産駒は調教によって、短距離馬にも長距離馬にも変えることができます!

将来、どんな馬にしたいかによって、調教法を変えることも必要なのです!

 

例:潜在能力(1400m)の競走馬

スタミナ強化:マイラー(1600m)

スタミナ強化中心の調教をすると、長距離でも勝てるようになる。

 

 

スピード重視:スプリンター(1200m)

スピード能力を鍛えると、短距離に強い馬にすることができる。

 

 

 

すぐに効果は表れない!成長した姿に影響が出る!

調教しても、すぐに効果が出ない事もあります!

これは、調教で鍛えられた能力を発揮するタイミングが、馬によって違うためです!

中にはレースに出走させることで効果が出てくる馬もいます!

調教すれば能力は上がり、必ず効果は出るので、あせらず成長する姿を見守ってあげましょう!

 

 

鍛えすぎても生まれ持った能力は越えられない

スピード、スタミナなど、競走馬の能力にはそれぞれ限界があり、

調教によってそれ以上まで上げることはできません!

この限界値は馬によって違い、また馬の年齢等によって変化します!

素質が高い馬の限界値は大きく、

元々能力のない馬はいくら鍛えてもG1馬にすることはできないのです!

 

 

ダビスタで強い馬とは一体どんな馬なのか?!

ダビマス(ダービースタリオンマスターズ)で、強い馬とはどんな馬になるのでしょうか?

 

スピードの絶対値

最後の直線で、次々と他馬を追い抜いていけるようなら、スピードが高いと言えます!

 

勝負根性

ゴール前で他馬と競り合い、ハナ差で勝てるような馬が、勝負根性がある馬!

 

素直な気性

気性が良ければ、スタートで出遅れることもなく、騎手の指示通りに走ってくれます!

 

持続するスタミナ

長距離レースや、最後の坂に入ってもヘバらないようであれば、スタミナがある証拠です!


【Follow Me!】

【人気ブログランキング】

【馬蹄石】20,000円分GETキャンペーンキタ━(゚∀゚)━!!お前ら早くもらっとけw


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

【PR】人気記事




ページの先頭へ